ブログエディタ: MarsEdit を使ってみた

気がつけばブログ放置も1年以上。 OSもとっくに山獅子に乗り換え、 久しぶりにブログでも更新するかとブログエディタEctoを立上げてみたら、おやあ? なんか使えなくなってるじゃあないですか(苦笑)。

ネットを漁ったところによると、どうやら開発は中止しており、最新OSにはもはや対応していない様子。 いつの間に・・・。 そんなわけでポストEctoとして定番のMarsEditをインストールしてみましたよ。

WPユーザの場合、設定は超簡単。Blog Name と ブログのURL を入れるだけ。その後、管理者用のIDとパスワードを聞かれるので入力すれば、後は勝手に設定してデータを取ってきてくれる。

image01.png

 
過去記事の一覧ウィンドウ。一番左のアイコンで新規記事が書ける。画像は一番右の Media アイコンをクリックすると、Media Manager が開く。 image02.png

 
Media Manager。 デフォルトで勝手に iPhoto ライブラリとピクチャフォルダを読みこんでくれた。 右クリックで Add… メニューが出るので好きなフォルダを追加も可能。 サムネイルから写真を選んで、右下で表示サイズ等を指定して、New Post で記事に挿入。image03.png

 
もちろんドラッグ&ドロップもOK。その場合は、Upload Utility ってのが開きます。 画像だけ先にアップロードするか、記事の更新と同時にアップするか選べる。 Image04

 
テキストにリンクとか埋めたり文字装飾したい場合は、選択して右クリック。 あれこれ便利なメニューが出てきます。
Image05

  
プレビュー画面ではホントにリアルタイムに表示が変わります。 ウィンドウを実際のブログ幅に揃えておくと、表示確認しながら書けるので便利。
 Image06 

  
というわけで、インストール後、直感でサクサク使えて、なかなか良さげな感じでした。 シェアウェアなので3000円強とちょいお高いですが、1ヶ月はお試し出来るので、しばらく使ってみて、ブログの更新頻度が上がるようなら購入してみようと思います。
#実はEctoもそんなに使ってなかったことは内緒です(笑)。 

シェアする