陽転わくわく読書会に行ってきました

最近和田裕美さんの本にハマっています。

なんでハマっているかというと、最近調子が悪いから。
なんで調子が悪いかっていうと、・・・まあその愚痴はまたいずれ(笑)。

で、twitter でたまたま「陽転わくわく読書会@東京」開催のツイートを見つけたので興味を持ち、参加して参りました。有志がやってる勉強会(読書会だけど)は久しぶりだな。

場所は銀座の某ルノアール。人数は11人くらい。初参加の人は私を含め3名。それ以外はどうやら定番メンバーのようでした。営業系の人達が多いんだろうなと予想してたんだけども、意外にも営業職の方は数えるほどしかいなかったです。

今回のテーマ本は『息を吸って吐くように目標達成できる本』。発行が2008年7月なので、結構前の本ですね。どういうことに気をつけて、どういう風に気持ちを持って、どういうことをやればいいかを52個のコツとしてシンプルにまとめた本です。

和田さんの本って、なんか読んでてホッっとします。自己啓発系の本って大抵、「やらなきゃ負け犬になるよ、将来困るよ」的なプレッシャーを与える論調のものが多い。で、それを言うための前提として暗黙的に、「今のあなたはダメダメですね」って否定がある。もしくは読んでる側にそういう自己否定の気持ちがある。ところが和田さんの本は例の「陽転思考」が根底にあるせいか、まず現状の自分を肯定するところから始まります。ダメな自分をまず認めてあげる。で、「ああそうだね、やっぱダメダメだよねえ・・・でもxxが分かったから良かったよ」と、いいところを探してく。全体的にそういう思考回路で語られているから、読んでて自己否定する必要がなく、故にすうっと心に染み込んでいく。

・・・って、なんだっけ、ああそう読書会のお話(笑)。

実際にどんなことをやったかというと、まず飲み物注文して。って、そこからかい(笑)。んで軽く名刺交換などして。飲み物がきたら、主催者が簡単に読書会の主旨ややり方を説明してくれて。その後、さっき書いたような自分がその本について考えたこと、とくに感銘を受けたところ、実際に取り組んでることなどを、自己紹介を交えながら参加者全員が順番に発表していきました。 最後に質問兼雑談をちょろっとだけして(10分くらいだったかな?この時間が少なかったのはちょっと残念だったな)。11人いて、時間は2時間だったのであっという間でした。

同じことに興味を持っている人達の集まりっていうのは、まあその対象がなんであれ(笑)、独特の空気があります。今回は和田さんの本の読書会で、和田さんが好きな人達の集まりだったせいか、雰囲気も和田さんのあの自然体な空気を踏襲するようにとてもアットホームでした。残念ながら今回は二次会に参加出来なかったけれど、まあ参加する機会があったら次は二次会も参加したいな。

やっぱ元気を出すには元気を持ってる人達と会って喋ることが一番だなと思った一日。

シェアする