小技:Macのランチャーアプリ「Alfred」で図書館の蔵書も一発検索してしまおう

 
↑クリックするとAlfredのサイトに飛びますよ。
  
突然ですが、Macでは有名なランチャーソフトに、「Alfred」ってのがあってですね。これがまた便利なので重宝してるんですけれども。
  
どんだけ便利かというとですね
  
  
まず起動ショートカットを叩くと以下のウィンドウが出ます。デフォルトは確か「option + space」のはず。
Alfredの起動画面 
  
で、ここに検索したいワードを入力する。
Alfred 通常検索 
  
そのままEnterキー叩くと入力したキーワードをブラウザ開いてGoogle検索してくれます。
ブラウザが開いて入力したキーワードで検索される 
こんな感じ。

    
わざわざブラウザクリックして立ち上げて、検索窓クリックして、検索キーワードをキーボードで打つ、なんて手間ひまをかけなくてもよいのだ。
  
普段の操作に慣れてるとそれが当たり前になってなかなか「実はその一手間が面倒」という事実に気づかないもんですが、キーボードから手を離さずに検索が完結するというのは、やってみると実に快適。お試しあれ。
  
  
で、スクリーンショットに表示されているように、commandキー+2でamazonを、commandキー+3でWikipediaを直接検索できたりもします。矢印キーで選択も可。
  
また、単純なweb検索だけじゃなくて、keywordをつけてやると、keywordに紐づいた検索方法で検索してくれます。
  
  
たとえばマップ検索。”map” ってkeywordに半角スペースあけて検索ワードを入力。あ、デフォルトだと本当は “maps” なんだけど、”s” つけるのよく忘れちゃうんで設定で変えてます。
Alfred map 
↓    
Enterで直接グーグルマップを一発表示。楽。
Alfredでmap検索したところ 
  
  
イメージ検索とかも。※これもデフォは “images”。
Alfredでimage検索 

楽々!
Alfredでimage検索した結果 
    
  
上で、commandキー+2でamazon検索すると書きましたが、それもkeyword “amazon” つけてやれば
Alfredでamazonで検索 

超楽!やー、便利。ほんと便利。
Alfredでamazonで検索したところ 
  
  
と、まあ、一番使用頻度の高いウェブ検索から紹介しちゃいましたが、そもそもこれランチャーアプリなんで、まずはHDDの中を調べてくれて、見つかればファイルとかアプリとかを立ち上げられるんですよ。
 
こんな感じで、最初は可能性のありそうなファイルやアプリを表示してくれて、文字を入力するごとにランチャー対象が絞られていく。
デフォルトだとHDDの中を検索する 
  
上の “macで音声入力” のキャプチャみたく、入力したキーワードに関連するものがHDD内に見つからなければ、ランチャー対象が最終的にWEBに絞られるわけですね。
  
キーボード作業していて他のアプリやファイルを起動したいときとか、ちょっと調べモノしたいときとか、いちいちマウスに手を移さなくてすむわけです。この快適さは使うと分かる。
  
あ、検索はもちろん、googleやamazon、wikiだけではなくて、設定でいろいろ指定できます。興味もった人はとにかくまずはインストールしてみよう。なんと無料。ありがたや。
  
ダウンロードはこちらから。

  
  
有償のPowerpack使うとさらにいろんなことができます。使いこなすとめちゃ便利。この辺もっと詳しく知りたい人はググって欲しい。親切なサイトがいっぱいある。 ← 怠惰!
  
   
で、本題はこっち!(笑)
  
Alfredで地元図書館の蔵書一発検索やりたい!
  
  
本を読むのにもちろんAmazonを使って検索することも多いんですが、地元図書館を検索することも多いわけです。
  
Amazon検索はランチャー使って一発でやってるのに、図書館予約はいちいちブラウザ起動して、図書館のホームページ開いて、検索メニューにいって、本のタイトル入力して・・・とか、ちょーウザい。くそウザい。面倒。
  
ですよね? ね?
   
そこで Alfred 様の出番ですよ!
  
  
ばってん、ここで一つ問題が。 ←(注)猫は博多人ではない
  
googleとかamazon↓みたいに、検索用のオプション(引数)が分かってれば話は簡単なんですよ。その場合はURLコピーして一気に下の手順7へ行っちゃってください。
Amazonのサーチオプション url 
  
でもうちの地元の図書館は検索を実行してもURL欄の表示が変わらないのです。なので、引数オプションが分からない。くー!
地元図書館で検索 

検索実行しても、URL欄変化せず。引数はつかない
検索してもURL欄変化せず・・・ 
  
  
なので、ちょっと回り道します。
  
  
1. まず、カーリルっていう、都道府県内の図書館を横断して検索できる、とっても便利なサイトへGO
  
https://calil.jp/
日本最大の図書館検索サイト カーリル
 
  
2. 「もっと見る」メニューから「カーリルローカル」を選択し、地元の都道府県をクリック
都道府県を選択 
  
3. 検索窓に地元図書館に蔵書がある書名をいれて検索
  
4. 検索結果一覧から、地元図書館の ”OPACを開く” にカーソルを載せると、ブラウザのステータスバーにリンク先URLが表示される
OPACを開くにマウスを載せてみる 
  
5. ここで、検索した書名がURLに含まれていればラッキー!
(URLに書名を引き渡さない図書館がほとんど…)
  
書籍名があればラッキー 
   
6. そのまま右クリックでURLをコピーし、Alfred の設定画面へ
  
7. Featuresタブ > Web Search を開き、右下の “Add Custom Search” をクリック  
Alfredの設定画面。Add Custom Searchをクリック。 
  
8. Search URLに先ほどコピーしたURLを貼り付け、書籍名のところを {query} に書き換える
書名を {query} に置き換える 
    
9. Titleはこの設定の説明を好きに入力。Keywordは検索時の接頭辞似使う単語を入力(ここでは “lib”)
  
10. Validation は動作確認欄。先ほどの書籍名を入力して、Testをクリック
  
11. ブラウザが開き、図書館の検索結果が表示されたら成功!
図書館の検索結果が開けば成功! 
    
12. Saveボタンを押して設定を保存。
  
  
これで、いつでもランチャーから keyword + 書籍名 で、図書館の蔵書を一発検索できるように!
ラク!超ラク!!万歳!!
図書館の蔵書を一発検索
  
  
まあ、最初から検索文字引数つきのURLが表示されててくれりゃ、こんな苦労はしないんですけどね…。
  

タイトルとURLをコピーしました